ごきげんぶーた





ごきげん ぶーた きょうは とくべつ ごきげんで、 
カスタネット ならし もりを はねまわる。
タカタン タカタン
テテン テテン
ポロロン ポロン♪

ぶーたのごきげんは 森のみんなもゴキゲンにしてくれる。
でも、どうしてそんなに ごきげんなの、ぶーた?

『ごきげんぶーた』
さとう めぐみ ぶんとえ(233×182mm 32p) 
定価1050円(本体1000円+税)


●書評など

・「ぶーたは、ごきげん。カスタネットで、タカタンタカタンと、
森をはねまわる。見ていたとらさんも、きりんさんも、わにさんも、
さるさんも、みんなみんな楽しい仲間だ。森じゅう、タカタン、
タカタン、タカタン、タカタンとつづいていく。
  限りなく明るい1冊だ。幼児以上向き。」
児童文学者 鈴木喜代春 ベルマーク広場 読んでみたい本より

・「ぶーたはとってもごきげんです。
お気に入りのカスタネットを叩いて、ついつい踊り始めました。
すると、キリンさん、トラさん、サルさん、ワニさん、太陽さんに、お月さんまで
みんなご自慢の楽器を手に仲間入り。
ごきげんなリズムを奏でながら向かった先は…?

次から次へと出てくる動物たちが、なんともかわいい笑顔なんです!
とってもハッピーな気持ちが伝わってくるので、
子どもとぴったり寄り添って読んでも良いし、
大切なひとにプレゼントするのにもオススメです。

キリンの後ろ姿も見れたりと、こまかい所も楽しめます。
お月さんの星のスズ、どんな素敵な音がするのかな?」
絵本ナビ みどころ より







Copyright © 2013 by Megumi Sato.All rights Reserved.
このサイトの一切の画像・テキストなどの複製、ダウンロード等を禁止します。