ケーキちゃん






イチゴショートケーキのケーキちゃんは
ちょっとおひとよしで、
みんなにクリームやイチゴを
どんどんあげてしまいます。

とうとうスポンジだけになってしまったケーキちゃんの前に
ゴージャスデザートのふたりぐみがあらわれて…

『ケーキちゃん』
さとう めぐみ ぶんとえ(205×210mm 32p) 
定価1155円(本体1100円+税)



書評など

『姿が命、目で食べるもの』 産経新聞 2011.7.3

  うーん、おいしそうだ。ケーキを食べるのに、理屈はいらない。みているだけで、つばがわいてでてきてしまう。ごくん。手もとにはフォークが1本あればい い。あとはひたすら食べるだけ。でも、ちょっと待って。それはないでしょ、という人は少なくない。なぜって、おいしそうなケーキには、食べる前にどうして も行わなければならない儀式があるからだ。

 あれにしようかこれにしようかと散々迷った末に注文した ケーキが、目の前に運ばれてきたとしよう。食べる人が行う儀式とは、その、いまだに一口も損なわれていないケーキの姿を、好みの角度から写真に収めること だ。たいていは、ここでカメラ付きケータイの出番となる。人目もはばからずにカシャッ、カシャッ。

 ど うしてそんなことするの? あるとき、無粋にもきいてみた。だって、食べたらなくなっちゃうから。そんな答えが返ってきた。食べればなくなるのは当然だ。 宇宙の摂理でもある。でも、ケーキを食べる人にとって、それはあまりにもやりきれない結末らしい。愛しいケーキの喪失だ。だからペットを撮るように、食べ る前のケーキを撮る。思い出のケーキを撮る。生前のケーキを撮る。

 さて、この絵本にでてくるケーキたちは、主人公のショートケーキのケーキちゃんをはじめ、ババロアちゃんも、クレープくんも、だいふくくんも、みんなと てもおいしそうだ。デラックスパフェとプリンアラモードに至っては、思わず目が吸いついてしまう。ケーキにとって、姿、すなわち見てくれは命といってもよ さそうだ。だからこの絵本の中でも、ケーキたちはいつまでもだれにも食べられることなく、幸せなケーキの世界で生きている。もしかしたら、ケーキは目で食 べるもの? そんな思いさえ強くなる。寝る前の子供に読んで聞かせるのは罪ともいえそうな、たっぷりとおいしそうな絵本だ。

 評・宝田茂樹(文化部編集委員)




 


Copyright © 2013 by Megumi Sato.All rights Reserved.
このサイトの一切の画像・テキストなどの複製、ダウンロード等を禁止します。