まじょのぼうし






クリスマスがきらいなまじょ。イライラしながら空の散歩をしていると、サンタのぼうしが風に飛ばされて来て、まじょのぼうしにかぶさってしまいます…すると…。
『まじょのぼうし』
さとう めぐみ ぶんとえ(25×19cm 32p) 
定価1344円(本体1280円+税)


●書評など

・「さとうの『まじょ』シリーズも4作目となりました。すっかり定着しまし
たね。うれしい。
 「ほうき」、「くつ」、「マント」ときて、今回は「ぼうし」です。
 まじょが飛んでいると、通りがかったサンタクロースの帽子が、脱げて、
まじょの三角帽子に被さります。それに気づかないまじょは、みんなにぼう
しをほめられ、腹が立ってしまい、いじわるの魔法をかけます。くまさんが
風邪引きのきつねさんに待っていく途中の暖かいスープを氷にって具合にね。
でも、熱で食事ものどを通らないきつねさんは、くまさんの持ってきた氷で
熱を下げることができます。てな風にして、まじょがしたつもりのいじわる
なみんなに感謝されてしまう。
 とても巧い展開ですね。幸せな結末も良い出来ですし。良質なシリーズだ
といえるでしょう。」
【児童文学評論】 No.119 2008.11.25日号




 


Copyright © 2013 by Megumi Sato.All rights Reserved.
このサイトの一切の画像・テキストなどの複製、ダウンロード等を禁止します。